W3C Web Content Accessibility Guidelines(WCAG) 2.0が国際規格化

 W3C Web Content Accessibility Guidelines(WCAG) 2.0ISO/IEC 40500:2012として承認されたようです。World Wide Web Consortium (W3C) ISO/IEC joint technical committee for information technology(ISOとIECの情報技術のための合同技術委員会)が共同で本日、発表しています。

ISO/IEC 40500:2012 Information technology — W3C Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0
W3C Web Content Accessibility Guidelines 2.0 Approved as ISO/IEC International Standard

Web Content Accessibility Guidelines(WCAG) 2.0
http://www.w3.org/TR/WCAG20/

ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン (WCAG) 2.0 日本語訳
http://www.jsa.or.jp/stdz/instac/commitee-acc/W3C-WCAG/WCAG20/index.html

 ちなみにWCAG 2.0は日本でもJIS X8341-3:2010として、JIS規格に組み込まれています。
JIS X 8341-3:2010 解説 | 公開資料&リンク集 | ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)

 なお、これは蛇足ですが、「X8341」の「8341」は「や・さ・し・い」の語呂合わせからきているそうで、その他の「X8431-」の規格もアクセシビリティに関する規格にあてられています(Xは情報技術分野の規格であることを示す)。覚えやすい。
JIS X8341概要:情報アクセシビリティ国際標準化委員会:INSTAC:JSA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です