Personal Web Archivingでソーシャルメディアのウェブアーカイブを試みるMat Kelly氏

 Mat Kelly氏。通常のウェブアーカイブの方法ではなかなか技術的にアーカイブの難しいSNSなどをPersonal Web Archivingで収集できるようにしてしまおうとしている人みたいです。WARCファイルを作成するChormeプラグインのWARCreateやウェブアーカイブ版XAMMPともいうべきWeb Archiving Integration Layer (WAIL) を公開しています。

Mat Kellyのウェブサイト
http://matkelly.com/

Mat Kelly氏の意図するところは以下の図がわかりやすいです。
次のパラグラフデ解説あり。
from WARCreate and Future Stewardship: An interview with Mat Kelly | The Signal: Digital Preservation
 
 これはWARCreateについての解説ですが、基本的には方向性はこの図にあるのだろうと思われます。Heritrxのようなクローラーでは収集することができないが、WARCで保存することは技術的に可能なfacebook等のウェブサイト、これをPersonal Web Archivingという手法で保存できるようにしたいのかなと。そして、 Mementoとでつなぐと。スライドや資料を全部みたわけではないので憶測もまじりますが、そのように思えます。なかなかおもろいことをするなぁ。

 自分用にとりあえずまとめてみましたが、Mat Kelly氏のスライドもSlideshareでいくつか公開されています。ここで Mementoとかぁと軽く個人的には驚きました。


Making Enterprise-Level Archive Tools Accessible for Personal Web Archiving from matkelly01


An Extensible Framework for Creating Personal Web Archives of Content Behind Authentication from matkelly01
 


The Revolution Will Not Be Archived from matkelly01
 


WARCreate – Create Wayback-Consumable WARC Files from Any Webpage from matkelly01

 


NDIIPP/NDSA 2011 – YouTube Link Restoration from matkelly01
 


NDIIPP/NDSA 2011 – Archive Facebook from matkelly01

『アクセシビリティハンドブック』(O'Reilly Japan)

 以下の本を一読したので、感想などをメモ程度に。


『アクセシビリティハンドブック』(O’Reilly Japan)

 ウェブアクセシビリティについていろいろと調べていくと、これはこうだからダメ、あれはああなのでそうしたほうがいいということがある程度わかってきますが、調べれば調べるほど表層的な部分に触れる程度の理解でしかないことを痛感します。

 それでこの書籍です。目次をみて、障害者がどのような困難に遭遇しているかを障害別に詳しく書いてあるのかと期待してすぐに読んでみました。しかし、内容は障害別にウェブアクセシビリティを配慮したコンテンツの作成の方法をまとめたもので、そう言う意味では少し期待を裏切られました。

 とはいえです。他の本のようにJavaScript、フォーム、テーブルといった開発者視点の分類でのウェブアクセシビリティ解説より、なぜ対応しなければならないかという理由とその対応方法がセットになっているこの本のほうが初めてウェブアクセシビリティについて触れる人には理解しやすいかもしれません。ページ数も10.5インチのiPadで読めば、だいたい100頁強ですので、数時間で通読できるものだと思います。巻末に障害別にツール類を紹介したまとめが掲載している点もポイントが高い。

 なお、ですが、この本を手にとったそもそもの動機を満足させるためには、個々に書籍にあたっていくしかないようです(し、実際にいろいろと読んでもいる)。しかし、障害者の抱える困難については、国立国会図書館が公開する以下の研修資料がよくまとまっています。