4月 21

アクセシブルなEPUBの作り方 -ウェブアクセシビリティガイドラインとEPUB –

 今回は電子書籍の標準フォーマットとして普及しつつあるEPUBのアクセシビリティについて1つ。
  
 EPUBはデジタル録音図書であるDAISYの要素を多く取り入れているため、フォーマットそのものがアクセシビリティに配慮されているといってもよいフォーマットではありますが、実際にEPUB形式のコンテンツがアクセシブルかどうかは作り手次第です。

 EPUBはHTMLやCSS等のWeb標準技術をベースとしているため、EPUB形式で作成されたコンテンツはW3CのウェブアクセシビリティガイドラインであるWCAG2.0(とそれをJIS化したJIS X8341-3:2010)の対象とする「ウェブコンテンツ(Web技術によって作成されたコンテンツ)」に該当すると思われます。ここで「該当する」というのは、EPUBを作る際にWCAGが参考になるという意味ではなく、WCAG2.0(JIS X8341-3:2010)の準拠が求められる場面において、EPUBコンテンツの作成者はWCAG2.0(JIS X8341-3:2010)に対する目配りも必要になってくるという意味です。

ウェブコンテンツとは、ウェブブラウザ、支援技術などのユーザーエージェントによって利用者に伝達されるあらゆる情報及び感覚的な体験を指し、例えば、ウェブアプリケーション、ウェブシステム、携帯端末などを用いて利用されるコンテンツ、インターネット、イントラネット、CD-ROMなどの記録媒体を介して配布されるウェブコンテンツ技術を用いて制作された電子文書、ウェブブラウザを用いて操作する機器などに適用する。
from JIS X8341-3:2010「1.適用範囲」

 
 WCAG2.0関連文書の1つであるWCAG 2.0 実装方法集では、PDFに対する言及はあるものの、EPUBに対する言及はまだありません。しかし、いずれEPUBに関する記述も追加されるのではないかと思われます。もしくは、HTML、CSS、Script、SMIL等々EPUBで使用されているWeb技術については、それぞれ個別に項目が立てられてまとめられていますので、それらを参照することになるのかもしれません。

 というわけで、「今回は、そういうのを加味しつつ、アクセシブルなEPUBの作り方について紹介しますっ!」と話をすすめたいところですが、EPUBの仕様を管理しているIDPFがEPUBのアクセシビリティガイドラインとしてまとまった文書を公開していますので、それを紹介するに留めます。

 EPUB 3仕様のエディタの1人であるMatt Garrish氏の以下の著書もよくまとまっていますのでお勧めです。O’Reilly Mediaから無料で入手可能です。


Accessible EPUB 3 : Best Practices for Creating Universally Usable Content

 By Matt Garrish
 Publisher: O’Reilly Media
 Released: February 2012

 
これらのドキュメント、長くはないとはいえ、最初にこれらを全部読むのもちょっとしんどいなぁという方には14のTipsにDIAGRAM Centerがまとめた以下のようなものもあります。 とっかかりとしてどうでしょうか。

関連エントリ

ウェブアクセシビリティガイドラインについて
ウェブアクセシビリティガイドライン: 代替テキスト
ウェブアクセシビリティ: 動画
ウェブアクセシビリティ :リンクのはり方
ウェブアクセシビリティ : テキスト
EPUBについて
4月 14

PDF関係の国際規格(ISO規格)

 国際規格化されたPDF関連の規格が多すぎるので少し整理してみました。

PDFの全機能を盛り込んだ国際規格

PDF 1.7をベースにPDFの全機能を盛り込んだ国際規格が2008年にISO 32000-1:2008として承認されました。現在、後継のPDF 2.0がISO/DIS 32000-2として検討されています。
 なお、PDF1.7の国際規格化以降はPDFはAdobeの手を離れて、ISOが管理する規格になり、仕様の策定は情報やイメージ管理の非営利の標準化団体AIIM (Association for Information and Image Management) が進めているようです。

 
 規格書は約25,000円強とお求めやすいとは言い難い価格ではありますが、幸いISO 32000-1はAdobeが以下のサイトで無料で公開してくれています。ありがたい。

参考

 

PDFのサブセット版国際規格

 PDFの仕様を目的に応じて部分的に切り出して国際規格化したものを挙げてみました。まだ、国際規格化されていないので、ここでは挙げていませんが、PDF/H(ヘルスケア)も国際規格化にむけて検討が進められているようです。

PDF/A(長期保存用)

長期保存用に利用されることを目的とした規格で。フォントの埋め込みや暗号化の禁止や外部依存性の排除など長期的なコンテンツへのアクセスの担保に適したものになっています。

  • PDF/A-1(ISO 19005-1:2005)
    • PDF1.4がベース。
    • PDF/A-1a(ISO 19005-1完全準拠)。
    • PDF/a-1b(ISO 19005-1一部準拠)。
  • PDF/A-2 (ISO 19005-2:2011)
    • PDF 1.7(ISO 32000-1)がベース。
    • PDF/A-2a(ISO 19005-2完全準拠)。
    • PDF/a-2b(ISO 19005-2一部準拠)。
    • PDF/a-2u(ISO 19005-2一部準拠。bに加えてテキスト内のユニコード値を取得できること)。
  • PDF/A-3(ISO 19005-3:2012)
    • PDF 1.7(ISO 32000-1)がベース。
    • PDF/A-2を任意のファイル形式の埋め込みに対応させたもの。
    • PDF/A-3a(ISO 19005-3完全準拠)。
    • PDF/a-3b(ISO 19005-3一部準拠)。
    • PDF/a-3u(ISO 19005-3一部準拠。bに加えてテキスト内のユニコード値を取得できること)。
参考

  

PDF/X(印刷用)

  商用ベースの印刷に利用されることを目的とした規格シリーズ。さすがに沢山ありますねぇ・・・。

参考

 

PDF/E(エンジニアリング用)

 技術文書の交換に使用されることを目的とした規格のようです。

参考

 

PDF/VT(バリアブルデータ・トランザクション印刷用)

  可変するデータに応じた印刷(差し替え印刷みたいなもの?)に使用されることを目的とした規格のようです。

参考

 

PDF/UA(ユニバーサルアクセシビリティ)

 PDF/UAについては、また後日別のエントリで紹介しようと考えていますので、ここでは簡単に述べるにとどめますが、アクセシブルなPDFを作成するための一連のガイドラインを提供することを目的としているようです。

参考