米国のアクセシブルな印刷物を統合的に検索できる"Louis Database"

 American Printing House for the Blind (APH)がアクセシブルな印刷物を統合的に検索できるデータベース”Louis Database”を運営しています。米国の160の組織から点字資料、大活字本、音声データ(MP3、DAISYなど)の書誌情報の提供を受けて構築しています。APHは米国で19世紀から視覚障害者向けの教材や機器を販売している非営利団体で視覚障害者を対象とする製品の研究、開発、販売をする企業としては世界最大らしいです。

Louis Databaseのトップページ
Louis Database of Accessible Materials – American Printing House for the Blind (APH)
http://louis.aph.org/

 
 資料の書誌情報だけではなく、各機関における入手方法も同時にわかるようになっています。
40
“The Japanese today”の書誌と入手方法

 Louis Databaseは書誌を検索するだけではなく、電子データを検索・ダウンロードすることができるようになっています。ダウンロードできるデータ以下の通り。 他のサービスから提供を受けているものは点字データのみのようですね。

 申告制ですが、アクセシブルな印刷物を刊行してる出版社のダイレクトリも公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です