1月 07

EPUB 3.1の仕様とそれに含まれるEPUBのアクセシビリティに関する仕様

 1月5日にEPUB 3.1の仕様がIDPFで承認されました。

 EPUB 3.1の仕様は、EPUB Packages 3.1、EPUB Content Documents 3.1、EPUB Open Container Format (OCF) 3.1などの複数の仕様で構成されています。2016年に公開されていたEPUB 3.1のドラフト版はありがたいことにIMAGEDRIVEさんが日本語訳を公開してくれています。EPUB3.01からの変更点を解説した”EPUB 3.1 Changes from EPUB 3.0.1″も含めて翻訳してくださっていますので、ご参照ください。

 EPUB 3.1の仕様では、アクセシビリティに関する仕様が規定され、その関連文書としての実装方法をまとめた文書が公開されました。

 よりアクセシブルなEPUBコンテンツを制作する要件についてまとめられているほか、必要な人が自分にあったアクセシブルなコンテンツをきちんとを発見できるようにするため、EPUBコンテンツに包含すべきアクセシビリティメタデータの要件についても整理されています。

EPUB Accessibility 1.0と関連文書であるEPUB Accessibility Techniques 1.0(実装方法集)の関係は、W3CのWeb Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0/a>とそのTechniques for WCAG 2.0(実装方法集)の関係に倣ったものだと思われます。技術的なテクニックは随時変更できるように仕様本体から切り離したのでしょう。WCAGと実装方法集の関係の詳細については、以下をご参照ください。

12月 30

全視情協「テキストデイジー・マルチメディアデイジーデータ 再生機器・ソフトウェアに関する調査結果(2015)」

 公開されてずいぶん日がたちますが、視覚障害者情報提供施設(いわゆる点字図書館)の全国組織である全国視覚障害者情報提供施設協会(全視情協)が「テキストデイジー・マルチメディアデイジーデータ再生機器・ソフトウェアに関する調査結果」(平成28年3月31日)を平成28年5月19日に公開しています。DAISY再生ソフトのEPUB対応の予定についても調査されています。

全視情協:各種資料 – テキストデイジー再生機器等に関する調査結果(2015)

目次は以下のとおり。
1.カテゴリー別 機種・ソフトウェア 4ページ
2.機能別調査結果 5ページ
(1)再生可能なデイジーデータ 5ページ
(2)移動可能な単位 5ページ
(3)飛ばし読み(スキッパブル)機能 6ページ
(4)文字の読み上げ、検索機能 6ページ
(5)テキスト表示、ノートテイク(印付け等)機能 6ページ
(6)テキストデイジーデータの再生について 7ページ
(7)インターネット接続とサピエ図書館のデータの再生機能について 8ページ
(8)EPUB3への対応(対応予定) 9ページ
3.機種・ソフトウェア別機能調査結果 10ページ
(1)ブレイルセンスU2 10ページ
(2)ブレイルセンスオンハンドU2ミニ 10ページ
(3)Voice-Trek DS-902 10ページ
(4)Olympus Sonority 11ページ
(5)BMS16 12ページ
(6)BMS40 12ページ
(7)My BookⅢ 13ページ
(8)ボイスオブデイジーVer.4 for iOS 14ページ
(9)ボイスオブデイジーVer.4 for Android 14ページ
(10)Dolphin EasyReader 6.03 日本語版 14ページ
(11)Dolphin EasyReader Express 6.06 113 16ページ
(12)AMIS 3.13 日本語版 17ページ
(13)プレクストークPTN2 18ページ
(14)プレクストークポケットPTP1 19ページ
(15)プレクストークリンクポケットPTP1/LINK 19ページ
(16)いーリーダー 20ページ
資料1 カテゴリー別 機種・ソフトウェア 一覧表 22ページ
資料2 機能別調査結果 一覧表 23ページ