9月 29

W3C Publishing Working Groupで軽量SMIL(次世代SMIL?)について議論始まる

 W3CのPublishing Working Group の2017年9月18日の電話会議で、SMIL lite(軽量のSMIL)が(おそらく)始めて議論されています。先のエントリで紹介したWeb Pulications
での利用が想定されています。Web Pulications はEPUBと統合されて、EPUB4的な立ち位置になる可能性も示唆されているので、次世代SMILといえる立ち位置になりうるのかもしれません。まだ、議論は始まったばかりのようで、どこに向かうのかはわかりませんが。

 要件リストは、Essential Requirements(不可欠な要件)とAdvanced Requirements(高度な要件)にわけて整理されています。Essential Requirements はざっと見た感じ、現行のEPUB3ですでに実現できていることが並んでいるようですが、Advanced Requirements では、現行のEPUBでは実現できていない手話動画とテキストの同期も想定した動画のサポートや、音声解説を付けた動画のサポートが挙げられています。

 議事録を読むと、SMIL lite は XMLではなく、JSON で行く可能性が今のところ高そうですね。 

 なお、SMIL (Synchronized Multimedia Integration Language) は、DAISY や EPUB 3 では、テキストと音声の同期あるいは音声(録音音声またはTTSによる読み上げ)の再生の制御のために使用されています。現行の EPUB 3 におけるSMILのサポートは音声に限定されていますが、聴覚障害者のために手話動画とテキストを同期させたEPUBを作るため、動画のサポートが EPUB 3 仕様策定の段階から要望としてあがっていたようです。そういう経緯があったためか、EPUB Media Overlays 3.0の仕様では、動画をサポートしないことがわざわざ言及されています(最新の EPUB 3.1 でも同じです)。今回の SMIL lite の議論もこの経緯を受けてということだと思われます。

Although future versions of this specification might incorporate support for video media (e.g., synchronized text/sign-language books), this version supports only synchronizing audio media with the EPUB Content Document.

 

 最後に議事録からSMIL lite に関係するところを転載します(ここでも河村宏さんの名前が…)。

1. Requirement for SMIL Lite

Garth Conboy: “SMIL lite” == “grin”

Tzviya Siegman: https://github.com/w3c/publ-wg/wiki/Requirements-and-design-options-for-synchronized-multimedia
Marisa DeMeglio: link in GotoChat
… we’ve been looking at design reqs for syncronized multimedia

Rachel Comerford: https://github.com/w3c/publ-wg/wiki/Requirements-and-design-options-for-synchronized-multimedia

Marisa DeMeglio: allowing talking books to talk

Tzviya Siegman: can you give a quick overview?

Marisa DeMeglio: EPUB3 didn’t have a lot of problems with media overlays
… we can look at something lighter than SMIL
… we used a slim subset in EPUB3
… but SMIL adoption in the world at large hasn’t been huge
… so we can look at other formats
… we do need to link chunks of text with chunks of audio
… you still need structural semantics for navigation etc
… making video + text transcripts more accessible is a requirement
… and there are some things not included in media overlays
… I’ve been emailing with dweck
… like having multiple granularities of navigation–from para by para to word by word
… text + sign language
… video + descriptive audio
… all those are not covered by media overlays
… our next step is deciding what format to do

Garth Conboy: That multi-resolution MO approach was discussed some years ago, and I think prototyped in Readium, I think. It’s a cool idea.

Marisa DeMeglio: first question is about formats–XML or not XML

Dave Cramer: what’s the status of audio sync on the web at large?

Marisa DeMeglio: I don’t know of anything

Ivan Herman: I don’t know much more
… I love your understatement… SMIL adoption is terrible
… we will have to define a SMIL-lite which has any hope for implementation

Bill Kasdorf: is there an active SMIL WG?

Ivan Herman: we will also have to ensure there will be several implementations on top of browsers

Laurent Le Meur: I agree with Ivan when he says we’ll have to create polyfills
… if this is the case, if JS is the language that will use SMIL, then XML is not the best structure for that
… JSON has the lead, a structure JS loves
… SMIL is so complex, there are too many features
… we can track as JSON structure

Garth Conboy: Marisa is also correct, when saying MO/SMIL(lite) adoption in EPUB Reading Systems is pretty good.

Laurent Le Meur: as for the requirements, we should make sure the structure we define doesn’t prevent us from adding advanced features later

Ric Wright: one other area is where there is a SMIL implemenation is for animation of SVG
… this has been implemented by browsers

Avneesh Singh: the main objective of this work was lack of support of SMIL on the web
… and then additional things came up
… that were not covered in EPUB3 MO
… media fragments is the one thing in the web which is used
… if we can find out groups in web who are trying to solve similar problems
… we can try to do it together

Charles LaPierre: ETS and Mark Hakkinen has done lots of work with SMIL
… they might have some insight
… they use this for assessments

Tzviya Siegman: the larger group should comment about requirements
… this is not part of our charter… so what should we do with these requirements? What are next steps?

Ivan Herman: as usual, this was the topic I wanted to put on the queue
… that’s an admin problem
… this whole issue of SMIL lite is not in our charter, but is a necessary thing
… this would be rec-track work
… the traditional way to do something like this would be to form a separate CG
… that would look at an initial spec plus one or two polyfills, showing it is possible
… once the CG says we have this, it solves these requirements, it’s polyfilled, it has users
… the most obvious way would be to then form a new WG

Garth Conboy: From charter: “This specification should generally be a functional superset of EPUB 3.1. Functional round-tripping to/from EPUB 3.1 considered highly desirable.” So, would could argue it’s kinda in our charter, as it’s in EPUB 3.1.

Ivan Herman: I still believe something like SMIL is still necessary for the web, and not only for WP
… even if WP is driving this here
… the web in general would benefit
… we then could get experts from other places for a CG
… I have some colleagues in Amsterdam who worked on original SMIL
… some of them are still around; I can approach them
… but a WG would be too much for them

Tzviya Siegman: the next steps are to clean up requirements and share them
… we should pass this on to APA, and share with Janina

Ivan Herman: there are some other media-related groups, like a video group
… they might have feedback
… and outside w3c there are other groups

Marisa DeMeglio: to comment on SMIL
… DAISY was in smil WG
… we used SMIL more than anyone else, but used less of it
… our use case was really different from everyone else’s
… they used it for short presos, annotations, etc.
… we used for entire books
… I’m not sure that reawakening the SMIL group would be good
… we might look elsewhere for overlap

Ivan Herman: it’s going to be very light, very concentrated

Tzviya Siegman: it might come down to how you position it
… I can help with that

Avneesh Singh: that’s a valid point from marisa_demeglio
… we need more strength to make it an implementable standard
… we need to strike a balance for something useful for our requirements as well as for others
… that IPTV was looking for something like SMIL
… Hiroshi can be a liason
… and Mark H can also help

Tzviya Siegman: we have people volunteering to be liasons
… joanie might know who to talk about at the browsers

Avneesh Singh: I will contact Mark Hakkinen and Hiroshi Kawamura

Bill Kasdorf: I was going to ask Marisa if there is a link she can share that documents the subset of SMIL that is actually used by DAISY

Marisa DeMeglio: bill_kasdorf: http://www.idpf.org/epub/31/spec/epub-mediaoverlays.html#sec-overlays-def

Bill Kasdorf: marisa: thanks, I didn’t realize that the MO spec in EPUB 3.1 was the subset you were talking about. That’s great to know because that is what folks are actually using in the publishing world.

8月 06

アクセシビリティの観点からWebブラウザで標準で取り入れて欲しいUI

6年ほど前に以下のエントリで電子書籍のUIでWebブラウザのUIをまねて欲しいところを書いたことがありますが(6年前かぁ・・・)、今回は逆の話で、WebブラウザのUIで電子書籍のUI(機能というべきかもしれない)を取り入れて欲しいという話。

 ウェブサイトに自治体や公的機関のサイトで、文字の拡大縮小や白黒反転機能などを備えているものものあります。これの要否については、OSやブラウザの標準の機能で備えているので、それを阻害しないようなウェブサイト作りをするべきで、まずはそれにリソースを割くべきという考えがおそらく主流なのだと思います。私も基本的にはこれに同意しますが、一方で、OSやウェブブラウザの機能がどこまで使いやすいかということもやや疑問がなくはありません。

 例えば、OSで白黒反転表示することは可能ですが、これはPC上で行う全ての作業が白黒反転されてしまうので、これに切り替えて使うには、かなりの覚悟がいるというか、白黒反転でなければもう使えないという方に限られてしまうのではないかと思ったりする。

 私も子どもが寝かしつけで抱っこしている際は、部屋を真っ暗にして、iPhoneで電子書籍などを読んでいたこともありましたが(片手で指挟んででも読めるし、暗いところでも読めるので重宝した→当時のエントリ)、そういう場合は、普通の画面ではまぶしすぎるので、白黒反転表示で環境によって読んでいましたが、環境によって、表示を切り替えたいというニーズもあるのではないか。
 
 いわゆる「健常者」と、いわゆる「障害者」の間にはとても大きな層があって、例えば、高齢者の方などはだんだんWebブラウザが使いづらくなっていくことに気がつかないまま、使わなくなるか、遠ざかってしまうという人もいるのではないか。

 Webブラウザで文字の拡大縮小はだいたいついていますし、ボタンで変更できるUIを備えたブラウザもある。しかし、それ以外は、ユーザー側で表示を切り替えるのはかなりハードルが高い。ウェブサイトごとに表示を切り替えたい気もするし、環境に応じて切り替えたい。

 電子書籍だと、文字拡大や、フォント変更、行間変更、配色変更などはほぼ標準的についていますが、Webブラウザでもそういう機能とそれを気軽に使えるUIを備えてもらえないかなと思ったりする。拡張機能で追加できるかもしれないけど、標準で備えてもらってこそ多くの人の手の届くと思うので。

9月 30

テレビ放送のバリアフリー化(視聴覚障害者向け放送の普及促進)の状況について

 子どもがいるとなかなか騒がしくて、テレビ放送を静かな環境でじっくり聞くことがなかなか難しいため、字幕表示をすることがよくあります。デジタル放送になって字幕表示が容易になり、NHKが聴覚障害者向けの字幕をがんばって提供していることは認識していたのですが、民法もドラゴンボールも仮面ライダーも生放送のニュース番組も字幕を提供していて、「あれ?以前からこんなに提供されていたっけ?」と思うことがたびたび。

 ということで、少し調べてみました。調べたといっても、総務省のサイトを調べただけですが、以下のページに情報が集約されています。

公開されているもので最新のものは以下の平成25年度実績です。

 上から、聴覚障害者向けの字幕放送と手話、視覚障害者向けの音声解説の実績を以下に転載します。聴覚障害者向けの字幕放送はそれなりに提供されているようですが、聴覚障害者向けの手話と視覚障害者向けの音声解説は、まだまだこれからという状況のようです。

聴覚障害者向け情報保障

字幕放送

平成25年度における字幕放送等の実績の概要は、以下のとおりです。(注1)(注1) マルチ編成を行っている場合には、放送時間は、チャンネルごとの放送時間を合計したもの。(テキスト版はこちら

【字幕放送】(注2)(注3)

  「視聴覚障害者向け放送普及行政の指針」の普及目標の対象となる放送番組における字幕番組の割合(注4) 総放送時間に占める字幕放送時間の割合
NHK(総合) 84.8% [+1.3ポイント] 72.3% [+4.4ポイント]
NHK(教育) 63.2% [+7.9ポイント] 54.5% [+6.4ポイント]
在京キー5局(注5) 95.5% [+2.2ポイント] 52.3% [+2.4ポイント]
在阪準キー4局(注6) 94.1% [+2.1ポイント] 47.5% [+3.1ポイント]
在名広域4局(注7) 89.2% [+4.5ポイント] 44.4% [-0.1ポイント]
全国の系列ローカル局(在阪準キー4局及び在名広域4局を除く101社) 69.4% [+3.0ポイント] 38.1% [+2.0ポイント]

                                                 ※[ ]は対前年度比
(注2) 各放送事業者における個別の字幕放送実績については別表2参照。
(注3) 字幕放送の実施事業者数は、平成25年度において地上民放テレビ127社中125社(※オープンキャプションを含むと127社)。(平成24年度と同じ。)
(注4) 2週間のサンプル週(平成25年5月27日(月)~6月2日(日)及び11月25日(月)~12月1日(日))における調査。
 普及目標の対象となる放送番組とは、7時から24時までの間に放送される番組のうち、次に掲げる放送番組を除くすべての放送番組をいう。

  • 技術的に字幕を付すことができない放送番組(例 現在のところ、複数人が同時に会話を行う生放送番組)
  • 外国語の番組
  • 大部分が器楽演奏の音楽番組
  • 権利処理上の理由等により字幕を付すことができない放送番組

(注5) 在京キー5局:日本テレビ放送網(株)、(株)TBSテレビ、(株)テレビ朝日、(株)フジテレビジョン、(株)テレビ東京
(注6) 在阪準キー4局:(株)毎日放送、朝日放送(株)、讀賣テレビ放送(株)、関西テレビ放送(株)
(注7) 在名広域4局:中部日本放送(株)、東海テレビ放送(株)、名古屋テレビ放送(株)、中京テレビ放送(株)
     *平成26年4月1日より、(株)CBCテレビに免許承継

手話放送

【手話放送】(注11)(注12)

  総放送時間に占める手話放送時間の割合
NHK(総合) 0.2% [±0.0ポイント]
NHK(教育) 2.5% [±0.0ポイント]
在京キー5局 0.1% [±0.0ポイント]
在阪準キー4局 0.1% [±0.0ポイント]
在名広域4局 0.1% [±0.0ポイント]
全国の系列ローカル局(在阪準キー4局及び在名広域4局を除く101社) 0.1% [±0.0ポイント]

                                                ※[ ]は対前年度比
(注11) 各放送事業者における個別の手話放送実績については別表4参照。
(注12) 手話放送の実施事業者数は、平成25年度において地上民放テレビ127社中86社。(平成24年度は90社。)

 

視覚障害者向けの情報保障

音声解説放送

【解説放送】(注8)(注9)

  「視聴覚障害者向け放送普及行政の指針」の普及目標の対象となる放送番組における解説番組の割合(注10) 総放送時間に占める解説放送時間の割合
NHK(総合) 9.8% [+0.4ポイント] 8.9% [+0.9ポイント]
NHK(教育) 13.6% [+1.2ポイント] 12.0% [+0.1ポイント]
在京キー5局 5.4% [+1.1ポイント] 2.0% [+0.5ポイント]
在阪準キー4局 5.5% [+1.2ポイント] 2.0% [+0.4ポイント]
在名広域4局 4.7% [+1.5ポイント] 1.7% [+0.5ポイント]
全国の系列ローカル局(在阪準キー4局及び在名広域4局を除く101社) 3.3% [+0.8ポイント] 1.6% [+0.4ポイント]

                                                   ※[ ]は対前年度比
(注8) 各放送事業者における個別の解説放送実績については別表3参照。
(注9) 解説放送の実施事業者数は、平成25年度において地上民放テレビ127社中117社。(平成24年度と同じ。)
(注10) 普及目標の対象となる放送番組とは、7時から24時までの間に放送される番組のうち、権利処理上の理由等により解説を付すことができない放送番組を除くすべての放送番組としている。
 なお「権利処理上の理由等により解説を付すことができない放送番組」とは次に掲げる放送番組である。

  • 権利処理上の理由により解説を付すことができない放送番組
  • 2か国語放送や副音声など2以上の音声を使用している放送番組
  • 5.1chサラウンド放送番組
  • 主音声に付与する隙間のない放送番組