JIS X 23761:2022(EPUBアクセシビリティ)が制定

EPUBのアクセシビリティ要件をまとめたJIS X 23761:2022がISO/IEC 23761:2021に対応する規格として8月22日に制定されました。

JIS X 23761:2022は、 上のJSAサイトで購入できるほか、閲覧のみであれば、日本産業標準調査会(JISC)で可能です(なぜ日本規格協会のHPでは部分的にしか見られないのか・・)。

JIS X 23761は、2017年に策定されたIDPFのEPUB Accessibility 1.0 に由来しています。このEPUB Accessibility 1.0がベースとなり、国際規格としてISO/IEC 23761:2021が制定され、それが今回JIS化されたという経緯があります。このEPUB Accessibility 1.0が、

このEPUBが誰にとってアクセシブルなのか(誰にとってアクセシブルではないのか)をメタデータとして情報を提供して、ユーザーが実際に利用する前にはっきりわかるようにせよ

というスタンスをとり、アクセシビリティメタデータの提供、特にアクセスモードの提供を必須としたことは、当時から深く同意できることだったので、機会があれば触れて紹介していました。そのEPUB Accessibilityが今回、JIS化まで至ったことは感慨深いです。

他でもすでに紹介もされていますが、JIS X 23761の主な内容は以下のとおりです。

  1. だれにとってアクセシブルなのか、そして、どのようなアクセシビリティの機能を有するのかをメタデータとして提供することを必須とすること。
  2. EPUB出版物がアクセシブルであることの要件
    • ページナビゲーション、メディアオーバーレイズなどのEPUB特有の部分について、要件を制定。それ以外のウェブコンテンツに共通する大部分はWCAG2.0(JIS X 8341-3) に則るとしている(WCAG 2.0レベルA(JIS X 8341-3)が必須、WCAG 2.0レベルAA(JIS X 8341-3)が推奨) 
  3. 規格本体には含まれないが、附属書として、日本語固有の事情(ルビ、わかち書き、読み上げの問題)が整理されている。

対応するISO/IEC 23761:2021に同等性において、一致する(identical)規格であるため、JIS X 23761に対応することで、ISO/IEC 23761:2021にも対応することにもなります。

JIS X 23761本体は抽象的な要件制定にとどめていますので、具体的な実装方法は関連文書に位置付けられているW3Cの達成方法集”EPUB Accessibility Techniques”を参照する必要があります。

ISO規格が元になっているため、JISはISO制定当時のTechniques 1.0を参照するように促していますが、附属書で若干言及もされているTechniques 1.1を参照する方が今となってはよいかもしれません。

今後の課題は、いよいよJIS X 23761の普及です。以下、私見ですが・・

JIS X 23761は、EPUB Accessibility Techniquesを参照する必要がある上、アクセシビリティの大部分をWCAG 2.0に委ねているため、WCAG 2.0とその関連文書も参照する必要もあり、参照しなければならない文書が多岐にわたります。例えば、WACGのレベルAへの準拠が必須ということから、画像に対して代替テキストの提供が求められるということを理解する必要があります。制作されるEPUBのほとんどが内製ではなく、外注によって制作されていると思いますが、(おそらくWeb技術などにあまり精通していない方が多いであろう)外注する側の出版社の担当者が、どのように仕様にかいて制作会社に発注すれば、JIS X 23761に対応したEPUBができるのかは、整理が必要かもしれません。

JIS X 23761は、EPUBというコンテンツを対象とした規格ですが、出版社がこの仕様に則ってEPUBというコンテンツをよりアクセシブルするだけは十分ではありません。JIS X 23761の「9. 配信」でも言及されていますが、そのEPUBとユーザーの間を繋ぐ書店が、アクセシビリティメタデータに対応し、ユーザーが自分にとって使い易いコンテンツを容易に発見できるようしていくこと、そして、支援技術を阻害しない形でデジタル著作権管理を適用させるなどの注意が払われることで、初めてJIS X 23761が活かせるのだと思います。

課題をいくつか書いてしまいましたが、JISの制定まで至ったからこそ、次の課題に臨めるようになりました。大きな一歩前進だと思います(お疲れ様でした!)。今後のJIS X 23761の普及でアクセシブルな読書環境が大きく拡大することを祈ります。

関連エントリ

EPUB accessibilityがISO/IEC 23761として公開

EPUB accessibilityがISO/IEC 23761として、2月(5日?)に公開されました。

W3CのEPUB accessibility1.0がIS化されたものですが、Schema.org等の外部仕様への参照が関連文書(EPUB Accessibility Techniques)を参照させる形の間接的なものに変わるなど少し体裁と(内容も?)は変わっているようです。W3Cで検討しているEPUB accessibility1.1の方が近いかもしれません(まだ細部の確認はしていないが)。
日本規格協会 のページに掲載されていますが、日本が国際規格提案を行っています。

規格概要
EPUB電子書籍がどこまでアクセシブルかを明示する。読者は、自分に読めるものを電子書店で選べるようになる。
紹介文
日本でも読書バリアフリー法が2019年に制定されているように、アクセシブルな電子書籍(印刷物だと判読できない人にも読めるもの)が求められている。この規格はデイジーコンソーシアムが中心となって原案を作成し、日本が国際規格提案を行った。

関連エントリ

KindleのMathML対応とそのスクリーンリーダー対応について

 前エントリに続き、アマゾンのAmazon Kindle パブリッシング・ガイドラインネタ。
 2018年に公開されたバージョン 2018.2でMathMLへのサポートが追加されました。

1. MathML対応の詳細

 最新のバージョン 2019.2の時点でMathMLサポートは以下のように記載されています(2018.2から変更なし) 。

10.6 MathML のサポート 
 タイプセッティングの改善は MathML をサポートしています。
サポートされているタグ:

  • maligngroup
  • mrow
  • malignmark
  • ms
  • math
  • mspace
  • menclose
  • msqrt
  • mfenced
  • mstyle
  • mfrac
  • msub
  • mi
  • msubsup
  • mlabeledtr
  • msup
  • mmultiscripts
  • mtable
  • mn
  • mtd
  • mo
  • mtext
  • mover
  • mtr
  • mpadded
  • munder
  • mphantom
  • munderover
  • mroot

サポートされていないタグ:

  • annotation
  • maction
  • mglyph
  • mlongdiv
  • msgroup
  • mstack
  • semantics

トラブルシューティング:
MathJax を含む HTML ページを開いてください。問題なく表示された MathML は、タイプセッティングの改善でサポートされています。

2. スクリーンリーダーのMathMLサポート

 Kindleはデスクトップ環境のスクリーンリーダーでは、JAWSとNVDA、スマートフォンでは、VoiceOver (iOS/iPadOS)TalkBack(Android)への対応を謳っていますが(なお、JAWS、NVDAの日本語コンテンツへの対応はまだ)、少なくともJAWSとNVDAはKindleに挿入されたMathML数式の読み上げに対応しているようです(確認できていませんが、VoiceOver もEPUBの閲覧環境との組み合わせではMathMLを読み上げることが多いので、対応している可能性は高そう)。

2.1 NVDA

NVDAは2018年3月に公開されたNVDA2018.1で早速対応していたようです。最新のNVDA 2020.1のユーザーガイドでは、以下のとおり案内されています。開発が止まっているぽいMathPlayerが必要という点がひっかかりますが。

  1. 数式の読み上げ

Design Science の MathPlayer 4 を使うと NVDA で数式の読み上げと対話的なナビゲーションが可能です。 この機能を使うためにはコンピューターに MathPlayer 4 をインストールしてください。 MathPlayer は以下から無料でダウンロードできます: https://www.dessci.com/en/products/mathplayer/
NVDA は次の種類の数式コンテンツに対応します:

  • Mozilla Firefox, Microsoft Internet Explorer および Google Chrome における MathML
  • Microsoft Word と PowerPoint における Design Science の MathType: ただし MathType をインストールしておく必要があります。 評価版でもかまいません。 以下からダウンロードできます: https://www.dessci.com/en/products/mathtype/
  • Adobe Reader における MathML: ただし、まだ公式な規格ではないため、この形式のファイルを作成できるソフトは公開されていません。
  • Kindle for PC における数式: アクセシブルな数式を含む書籍に対応

NVDAはドキュメントの読み上げにおいて、これらの対応している数式コンテンツがあれば数式の読み上げを行います。 点字ディスプレイを使用している場合は、点字での数式の出力を行います。

 

11.7. Kindle for PC
NVDA は Amazon Kindle for PC での電子書籍の読み上げとナビゲーションに対応しています。 この機能は「スクリーンリーダー対応」として制作された Kindle 電子書籍で有効です。それぞれの電子書籍の詳細ページで対応状況を確認してください。
電子書籍の読み上げにはブラウズモードを使います。 電子書籍を開いたり、書籍の内容部分にフォーカスを移動したりすると、ブラウズモードに自動的に切り替わります。 カーソルの移動や「すべて読み上げ」の実行において、ページの移動は必要に応じて自動的に行われます。 PageDown キーで次のページに進みます。PageUp キーで前のページに戻ります。
1文字ナビゲーションはリンクと画像のみ有効です。ただし現在のページの中でしか移動できません。 リンクへの移動には脚注も含まれます。
アクセシブルな数式を含む書籍では、数式の読み上げと対話的なナビゲーションが可能です。 詳細は 数式の読み上げ を参照してください。

2.2 JAWS

2019年10月にKindleに埋め込まれたMathMLコンテンツの読み上げに対応したそうです。

  • Freedom Scientific Collaborates with Amazon to Improve JAWS Access to the Kindle App for PC – Freedom Scientific Blog

    Reading Math Content
    Reading math content in Kindle books is now possible for speech and braille users in the Kindle App for PC with JAWS and Fusion. Math expressions are shown in braille using Nemeth code, a system for reading and writing math that is exclusive to the English language.
    Reading math content in the Kindle app is very similar to accessing it on web pages. When mathematical content is found in a Kindle book, JAWS will describe the particular expression, which can also be accessed using a refreshable braille display. Pressing ENTER on this content will open a feature we implemented called the Math Viewer, which can be used to explore the expression in greater detail