MathMLの対応状況がまとめられたMath Support Finder

 Bookshareを運営するBenetechがOS、ブラウザ、スクリーンリーダーの組み合わせごとのMathMLの対応状況を確認できるサイトを公開しています。

 現在、Windows、Mac、iOS、ChromeBookについて、それぞれのスクリーンリーダーの24の組み合わせが公開されており、対応/未対応のほうか、読み上げに必要な環境(NVDAではMathPlayerが必要など)についてもまとめられています。

KindleのMathML対応とそのスクリーンリーダー対応について

 前エントリに続き、アマゾンのAmazon Kindle パブリッシング・ガイドラインネタ。

 2018年に公開されたバージョン 2018.2でMathMLへのサポートが追加されました。

1. MathML対応の詳細

 最新のバージョン 2019.2の時点でMathMLサポートは以下のように記載されています(2018.2から変更なし) 。

10.6 MathML のサポート 
 タイプセッティングの改善は MathML をサポートしています。

サポートされているタグ:

  • maligngroup
  • mrow
  • malignmark
  • ms
  • math
  • mspace
  • menclose
  • msqrt
  • mfenced
  • mstyle
  • mfrac
  • msub
  • mi
  • msubsup
  • mlabeledtr
  • msup
  • mmultiscripts
  • mtable
  • mn
  • mtd
  • mo
  • mtext
  • mover
  • mtr
  • mpadded
  • munder
  • mphantom
  • munderover
  • mroot

サポートされていないタグ:

  • annotation
  • maction
  • mglyph
  • mlongdiv
  • msgroup
  • mstack
  • semantics

トラブルシューティング:
MathJax を含む HTML ページを開いてください。問題なく表示された MathML は、タイプセッティングの改善でサポートされています。

2. スクリーンリーダーのMathMLサポート

 Kindleはデスクトップ環境のスクリーンリーダーでは、JAWSとNVDA、スマートフォンでは、VoiceOver (iOS/iPadOS)TalkBack(Android)への対応を謳っていますが(なお、JAWS、NVDAの日本語コンテンツへの対応はまだ)、少なくともJAWSとNVDAはKindleに挿入されたMathML数式の読み上げに対応しているようです(確認できていませんが、VoiceOver もEPUBの閲覧環境との組み合わせではMathMLを読み上げることが多いので、対応している可能性は高そう)。

2.1 NVDA

NVDAは2018年3月に公開されたNVDA2018.1で早速対応していたようです。最新のNVDA 2020.1のユーザーガイドでは、以下のとおり案内されています。開発が止まっているぽいMathPlayerが必要という点がひっかかりますが。

  1. 数式の読み上げ

Design Science の MathPlayer 4 を使うと NVDA で数式の読み上げと対話的なナビゲーションが可能です。 この機能を使うためにはコンピューターに MathPlayer 4 をインストールしてください。 MathPlayer は以下から無料でダウンロードできます: https://www.dessci.com/en/products/mathplayer/

NVDA は次の種類の数式コンテンツに対応します:

  • Mozilla Firefox, Microsoft Internet Explorer および Google Chrome における MathML
  • Microsoft Word と PowerPoint における Design Science の MathType: ただし MathType をインストールしておく必要があります。 評価版でもかまいません。 以下からダウンロードできます: https://www.dessci.com/en/products/mathtype/
  • Adobe Reader における MathML: ただし、まだ公式な規格ではないため、この形式のファイルを作成できるソフトは公開されていません。
  • Kindle for PC における数式: アクセシブルな数式を含む書籍に対応

NVDAはドキュメントの読み上げにおいて、これらの対応している数式コンテンツがあれば数式の読み上げを行います。 点字ディスプレイを使用している場合は、点字での数式の出力を行います。

 

11.7. Kindle for PC

NVDA は Amazon Kindle for PC での電子書籍の読み上げとナビゲーションに対応しています。 この機能は「スクリーンリーダー対応」として制作された Kindle 電子書籍で有効です。それぞれの電子書籍の詳細ページで対応状況を確認してください。

電子書籍の読み上げにはブラウズモードを使います。 電子書籍を開いたり、書籍の内容部分にフォーカスを移動したりすると、ブラウズモードに自動的に切り替わります。 カーソルの移動や「すべて読み上げ」の実行において、ページの移動は必要に応じて自動的に行われます。 PageDown キーで次のページに進みます。PageUp キーで前のページに戻ります。

1文字ナビゲーションはリンクと画像のみ有効です。ただし現在のページの中でしか移動できません。 リンクへの移動には脚注も含まれます。

アクセシブルな数式を含む書籍では、数式の読み上げと対話的なナビゲーションが可能です。 詳細は 数式の読み上げ を参照してください。

2.2 JAWS

2019年10月にKindleに埋め込まれたMathMLコンテンツの読み上げに対応したそうです。

  • Freedom Scientific Collaborates with Amazon to Improve JAWS Access to the Kindle App for PC – Freedom Scientific Blog

    Reading Math Content

    Reading math content in Kindle books is now possible for speech and braille users in the Kindle App for PC with JAWS and Fusion. Math expressions are shown in braille using Nemeth code, a system for reading and writing math that is exclusive to the English language.

    Reading math content in the Kindle app is very similar to accessing it on web pages. When mathematical content is found in a Kindle book, JAWS will describe the particular expression, which can also be accessed using a refreshable braille display. Pressing ENTER on this content will open a feature we implemented called the Math Viewer, which can be used to explore the expression in greater detail