ウェブサイトのarchivability(収集しやすさ)をチェックできるArchiveReady

 ウェブサイトのarchivability(収集しやすさ)をチェックできるArchiveReadyというサービスが2012年12月公開されたようです。多くのウェブアーカイブプロジェクトでは、クローラーを使用して自動収集しているはずですので、クローラーで技術的に収集できないものがどうしてもでてしまいます。それを判定するためのオンラインサービスのようです。Vangelis Banos氏の個人プロジェクトです。

ArchiveReady - website archivability testing
http://archiveready.com/

 以下の5つの指標からarchivability(収集しやすさ)を採点してくれるようです。ちなみにここにある”Accessibility”は、いわゆるウェブアクセシビリティのアクセシビリティではなく、sitemap.xmlの有無などウェブサイトの個々のリソースがクローラーにとってアクセスしやすいかということを指しているようです。

  • Accessibility
  • Cohesion
  • Metadata
  • Performance
  • Standards Compliance

 オーストリアで行われたIA Webteam ConfluenceにおけるVangelis Banos氏によるArchiveReadyについての発表資料が公開されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です