EPUB版点字図書(点字記号フォント埋め込み版)をつくってみた

 @momdo_さんのブログの中で言及されている点字記号フォント同梱のEPUBがなかなか興味深かったので作ってみました。
 
 EPUB版点字図書の作成には、Project Gutenbergで提供されている以下の図書のテキストデータを使用しました。

 上のProject Gutenbergの図書のテキストデータを元に作成したのが以下のUnicode点字のEPUB版点字図書です。


図 iBooksで開くEPUB版点字図書

 TrueTypeとWOFF、OpenTypeの点字記号フォントを同梱しています。端末に点字フォントがない場合でも、WOFFとTrueType、OpenTypeのWebフォントにEPUBビューワーが対応していれば表示できるはずです(埋め込んだフォントの関係で、空白スペース部分は以下のように□が表示されます。ご了承ください)。
※なお、点字プリンタ、点字ディスプレイを利用する場合、出力先の機器がユニコードに対応していればよいだけですので、ここで行っているような点字フォントの埋め込みは本質的には必要ありません。

38

 点字コンテンツの作成中に晴眼者がコンテンツを確認する以外にフラットなスマートフォンやタブレット端末で点字記号を表示させることに、あまり意味はないかもしれません。しかし、点字プリンタや点字ディスプレイにつなげることができれば話は別です。少なくともiOS端末は点字ディスプレイに対応しているようです。ここで作成したEPUB版点字図書を点字ディスプレイで閲覧するためには、さらに点字ディスプレイがUnicodeに対応している必要がありそうですが、ここで作成したEPUB版点字図書が使用できるかどうか気になるところです。

 なお、このEPUB版点字図書を作成するために変換に変換を重ねた上に(後述の「参考 作成のプロセス」を参照)、私自身、点字を読むことができないため、最終的にできあがったEPUB版点字図書には見出しがない、目次がない、パラグラフが適切でない、そもそも点訳がおかしいなどなどいろいろと問題があろうかと思います。今回はあくまで実験的にEPUB版点字図書を作ることに主眼をおいていますので、点訳の不備等についてはご了承ください。

 以下、蛇足ですが、変換するまでのプロセスです。

参考 作成のプロセス

 適度の量のUnicode点字のテキストファイルがなかなか見つからないため、以下の手順でProject Gutenbergで公開されている図書のテキストデータからEPUB版点字図書に変換しました。

  1. 元となる図書のテキストデータを用意
  2. テキストファイルをBRF形式の点字ファイル(Braille ASCII点字)に変換
  3. BRF形式の点字ファイルをPEF形式の点字ファイル(Unicode点字)に変換
  4. PEF形式の点字ファイルをEPUBに変換しやすいテキスト形式のUnicode点字ファイルに整形
  5. Unicode点字のテキストファイルをEPUB形式に変換
  6. EPUBに同梱する点字フォントを用意
  7. EPUB形式の中のメタデータを修正
  8. EPUBファイルを再作成
  9. 作成したEPUBファイルをバリデート
  10. デキタ! ヽ(`・ω・´)ノ

1.元となる図書のテキストデータを用意

  Project Gutenbergで提供されている以下の図書のテキストデータを使用します。

 私は点字を読むことができないため、この段階で意味のある単位である程度ファイルを分割・修正しておきます。
分割・修正後のファイル一式: pg35597_src.zip

2.テキストファイルをBRF形式の点字ファイル(Braille ASCII点字)に変換

 テキストファイルをBRF形式のBraille ASCII点字に変換してくれるWebサービスで1で用意したテキストファイルを点字ファイルに変換します。

変換後ファイル一式: pg35597_brf.zip
※上はBraille ASCII点字であり、1文字1点字の逐字点訳ですので、通常のテキストエディタで開くと、それなりに理解できるセンテンスや単語が表示されます。

3.BRF形式の点字ファイルをPEF形式の点字ファイル(Unicode点字)に変換

 BRFファイルからPEFファイルへの変換します。変換にはDAISY Piplelineを使用しました。このブログでよく紹介しているDAISY Pipleline 2のほうではなく、DAISY Pipleline 1のほうです。

47
図 DAISY Pipleline 1でBRF形式の点字ファイルをPEF形式の点字ファイルに変換

変換後ファイル一式: pg35597_pef.zip
※上はUnicode点字です。テキストエディタで開くと昨今の最新のOSであれば、点字記号の並んたテキストが表示されるはずです。

4. PEF形式の点字ファイルをEPUBに変換しやすいテキスト形式のUnicode点字ファイルに整形

 PEF形式の点字ファイルをEPUBに変換するコンバータは残念ながら、見つかりませんでした。次で変換に使用する「でんでんコンバーター」で変換できるようにテキストファイルに変更し、でんでんマークダウンの記述に変更します(ここは手作業)。

整形後ファイル一式: pg35597_txt.zip

5.Unicode点字のテキストファイルをEPUB形式に変換

 でんでんコンバーターで4までで作成したテキスト形式のUnicode点字ファイルをEPUBに変換します。
 

電書ちゃんのでんでんコンバーター – でんでんコンバーター

変換後: a_treatise_on_the_brewing_of_beer_e_hughes.epub

6.EPUBに同梱する点字フォントを用意

5で作業を終えてもよいのですが、点字フォントを搭載していない端末もまだ多いため、点字記号フォントをEPUBに同梱します。今回使用したの@momdo_さんに教えていただいたライセンスフリーの以下のフォントです。

 ただし、上で提供されているものは、TrueTypeフォントですので、EPUB 3の仕様でフォントのコアメディアタイプに指定されているWOFFフォントとOpenTypeフォントも用意したいところ。

 今回は以下を使用してTrueTypeからWOFFフォントとOpenTypeフォントに変換しました。

 5で作成したEPUBファイルの中を開いて以下の記述をそれぞれ追加します。

@font-face {
	font-family: Braille6;
	src: url(font/braille6.otf) format('opentype'), url(font/braille6.ttf) format('truetype'),url(font/braille6.woff) format('woff');
}
body {
  text-align: justify;
  text-justify: inter-ideograph;
	font-family: "Apple Braille", Georgia, "Segoe UI Symbol", Braille6, monospace;
  vertical-align: baseline;
  word-wrap: break-word;
}

OEBES/style.css

<manifest>
・・・
<item media-type="application/font-woff" href="font/braille6.woff" id="_braille6.woff" />
<item media-type="application/x-font-ttf " href="font/braille6.ttf" id="_braille6.ttf" />
<item media-type="application/x-font-opentype " href="font/braille6.otf" id="_braille6.otf" />
</manifest>
</metadata>

OEBES/content.opf

追記 埋め込みに使用した点字フォントについて

埋め込んだ点字フォントが表示される場合は、以下のようにスペースに当たる部分が□で表示されます。
38

 これは埋め込み使用した点字フォントにUnicodeにおけるU+2800に割り当てるべきフォント(点字における全く点のないフォント、つまり、点字における空白スペース)が用意されていないために生じている問題です。この問題を改善するためには埋め込むフォントそのものに手を入れる必要がありますが、フォントの改修はこのエントリの目的を超えるものになりますので、このままとさせていただきます。ご了承ください。

参考

 点字フォントの埋め込みについては、@momdo_ さんが以下のブログでまとめていただいていますので、こちらもご参照ください。

7.EPUB形式の中のメタデータを修正

 現時点ではメタデータの拡張どころか、詳細なメタデータ情報を表示するリーディングシステムがあまり多くないため、メタデータの記述で頑張ってもそれをあまり生かせませんが、せっかくの点字図書なので、メタデータのタイトルと著者には、墨字と点字の両方を記述したいところです。というわけで、dcterms:alternativeとdcndl:creatorAlternativeを使用して点字版のタイトルと著者をそれぞれ記述しました。点字記号のタイトルや点字記号の著者の方をdc:titleやdc:creatorにするべきかもしれませんが、スクリーンリーダーなどで読み上げることを考慮して墨字タイトル・著者をdc:titleやdc:creatorにあてました。

<package xmlns="http://www.idpf.org/2007/opf" unique-identifier="identifier0" version="3.0" prefix="dcndl: http://ndl.go.jp/dcndl/terms/ ibooks: http://vocabulary.itunes.apple.com/rdf/ibooks/vocabulary-extensions-1.0/">
<metadata xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
<dc:identifier id="identifier0">urn:uuid:9a2b5539-34b4-469e-824b-5371cac917fa</dc:identifier>
<meta refines="#identifier0" property="identifier-type" scheme="xsd:string">uuid</meta>
<dc:title id="title0">A Treatise on the Brewing of Beer[braille]</dc:title>
<meta property="dcterms:alternative">⠂⠁⠀⠂⠂⠞⠗⠑⠁⠞⠊⠎⠑⠀⠂⠂⠕⠝⠀⠂⠂⠞⠓⠑ ⠂⠃⠗⠑⠺⠊⠝⠛⠀⠂⠂⠕⠋⠀⠂⠂⠃⠑⠑⠗⠡</meta>
<dc:creator id="creator0">E. Hughes</dc:creator>
<meta property="dcndl:creatorAlternative">⠀⠂⠑⠹⠀⠂⠂⠓⠥⠛⠓⠑⠎⠹</meta>
<dc:format>application/epub+zip</dc:format>
<dc:language>en-US</dc:language>
<meta property="ibooks:specified-fonts">false</meta>
<meta property="dcterms:modified">2013-09-03T16:30:43Z</meta>
</metadata>

OEBES/content.opf
※dcterms:alternativeとdcndl:creatorAlternative部分の点字記号がうまく表示できない場合はこちら

8.EPUBファイルを再作成

 以上の修正を終え、zipコマンドで再度、EPUBを再作成します。

cd pg35597
zip -0 -X ../pg35597.epub mimetype
zip -r ../pg35597.epub * -x mimetype


図 EPUBへ変換する前のソースファイル

9.作成したEPUBファイルをバリデート

 8で作成したEPUBを念のため、バリデータで確認します。ここで結構ひっかかりました・・。

10.デキタ! ヽ(`・ω・´)ノ

 バリデータが祝ってくれたら完成です ヽ(`・ω・´)ノ
39
図 問題なしということで、祝ってくれるEPUB Validatorの図

完成版(再掲): pg35597.epub

関連エントリ

One thought on “EPUB版点字図書(点字記号フォント埋め込み版)をつくってみた

  1. Pingback: #マイクロソフト #Word 2013で #Unicode #点字 のフォントをSegoe UI Symbol以外に変更できないときの対処 – 点字と支援機器ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です