10月 10

障害者差別解消法とウェブアクセシビリティ

 障害者差別解消法とウェブアクセシビリティについて。

 障害者差別解消法とか、合理的配慮については、以下をまずは以下のエントリをご覧ください。

 ウェブサイトのアクセシビリティの改善も、当然、障害者差別解消法の対象になりますが、基本的に障害者差別解消法でいうところの「環境整備」に該当するものになります。

 しかし、ウェブアクセシビリティに関係するケースでも、例えば以下のようなケースは合理的配慮の提供が求められるケースになるかと思います。

  • 特定のページについて、アクセシビリティに問題があり、障害者から改善を求められ、過度の負担なく改善できる場合(たとえば、テキストエディタでHTMLの編集をすれば改善する場合)
  • PDFや画像で提供されている特定のコンテンツについて、それではスクリーンリーダーで読み上げができないからと障害者からテキストデータの提供を求められた場合

 以下のような事例は、合理的配慮の提供がなされない場合、スクリーンリーダーユーザーを排除してしまっていることになり、民間事業者も禁止事項とされている障害を理由とする不当な差別的取扱いになってしまうかもしれない。

  • (あってはならないことだが)CAPTCHAのように画像による認証方法を用いていて、代替手段を提供していなかった場合

 このテーマについては、石川准先生が言うべきことおっしゃっているので、こちらをご参照ください。

7月 02

「視覚障害者の携帯電話・スマートフォン・タブレット・パソコン利用状況調査2013」報告書が公開

2013年に視覚障害者を対象に行われた携帯電話・スマートフォン・タブレット・パソコンの利用状況調査の報告書が新潟大学の機関リポジトリ上で公開されました。新潟大学の渡辺哲也先生が中心となって行った調査です。

 2001年、2003年、2008年と数年おきに同様の調査(以下)が行われています。今回の調査では新たにスマートフォンとタブレットの利用状況が調査対象に加わり、それらに紙幅が大きく割かれています。当然といえば当然ですが、全盲の方とロービジョンの方でスマートフォンとタブレットの用途、利用する機能、望まれる機能がだいぶ異なりますね。

6月 11

アクセシブルな会議、学会、研究会、シンポジウム、ワークショップ、勉強会を行うためのガイドライン

会議、学会、研究会、シンポジウム、ワークショップ、勉強会等を行うためにはどのような配慮が求められるのかを示すガイドライン類を以下のように整理しました。

1. 全般

 以下の書籍があります。まずはこれを。

会議・プレゼンテーションのバリアフリー (コロナ社、2010年)

2. 開催について

2.1. アクセシブルミーティングのJIS規格

 「高齢者・障害者配慮設計指針-アクセシブルミーティング」が規格番号JISS0042で2010年にJIS規格となっています。規格というよりもガイドラインに相当するもので、障害の種類ごとにどのような準備を行えばよいかが、一覧できるようになっています。

 閲覧だけなら日本工業標準調査会(JISC)のウェブサイトで無料で可能です。JSA Web Storeで購入可能ですが、出版物なら『JISハンドブック 高齢者・障害者等[アクセシブルデザイン]』にアクセシビリティに関係するその他の規格といっしょに掲載されています。
 
 この規格の概要は以下のとおりです。

規格番号: JISS0042
規格名称: 高齢者・障害者配慮設計指針-アクセシブルミーティング
制定年月日: 2010/03/23
原案作成団体:財団法人 共用品推進機構
制定改正JIS概要:
この規格は、高齢者及び障害のある人々が参加する会議を行う場合,会議主催者が,安全かつ円滑に会議を運営するための支援機器の利用方法などに関する配慮事項について標準化を行い、生産及び使用の合理化、品質の向上を図るために制定するものである。
 主な規定項目は、次のとおりである。
1.適用範囲
2.引用規格
3.用語及び定義
4.会議を開催するに当たって配慮する要素
4.1 概要
4.2 個々の表の目的
4.3 表の利用方法
5.支援機器などの種類・その用途及び使用方法
6.障害別の特徴及び主な配慮事項
附属書A(参考)アクセシブルミーティング事前登録票
附属書B(参考)アクセシブルミーティングの会議手順の例

 この規格については、「いくお~る : 聴覚障害に関する情報ブログ」さんが以下のエントリで詳しく紹介しています。

2.2. 学会・研究会等における情報保障マニュアル(Ver.1.0) by 電子情報通信学会

 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループが主催者を対象にまとめたガイドラインで、学会・研究会での聴覚障害者と視覚障害者に対する情報保障の手配について具体的方法等を示すものです。

3. 資料作成時及びプレゼンテーション時のガイドライン

電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループが主に発表者、及び発表資料作成者を対象にまとめたガイドラインで、論文などの発表資料作成アクセシビリティガイドラインとプレゼンテーション時のガイドラインが掲載されています。

 その他、以下のようなガイドラインもありました。

4. 発表資料公開のガイドライン

これに相当するガイドラインはまだ見つけていません(すいません・・・)。ウェブで公開する場合は、上で紹介した他に、ウェブコンテンツアクセシビリティのガイドラインであるW3CのWCAGやJIS X8341-3:2010に従うべきでしょう。

 視覚に障害がある方を対象にするなら、みんなのデジタル教科書教育研究会の以下のイベントのように、PDF形式のほかに、テキスト形式を提供するのがよいのだろうと思います。あと、可能であれば点字データも。

 そして、当然ですが、公開するPDFもアクセシブルにしましょう。

3月 06

WebAIMが第5回スクリーンリーダーユーザー調査報告を公開

WebAIM (Web Accessibility In Mind) が2月26日に第5回スクリーンリーダーユーザー調査報告を公開しています。

 なお、2012年5月に公開された第4回スクリーンリーダーユーザー調査報告について、WebA11y.jpが日本語訳を公開しています。

2月 14

W3Cの ウェブアクセシビリティチェックリスト -Easy Checks(ドラフト版) –

W3CのWeb Accessibility Initiative (WAI)が ウェブアクセシビリティのクイックチェックリストであるEasy Checks(ドラフト版)を公開しています。

1月 28

EPUB 3 リーディングシステムに優先的に実装してもらいたい10の機能(AAP EPUB 3 Implementation Project 報告書より)

先のエントリで紹介した米国の出版団体 Association of American Publishers (AAP) のEPUB 3 Implementation Project 報告書には、 EPUB 3.0 の36の機能の中を調査し、機能の重要度、そして、実装の難易度の観点から、EPUB 3 リーディングシステムに優先的に実装してもらいたい10の機能が順位をつけて掲載されています。

 AAPの報告書という形でEPUB 3の機能の実装について優先順位を公に示し、共通認識とすることで、リーディングシステムデベロッパーの参考に資することを目的としているようです。

 報告書の該当部分を以下に転載します。

Specific EPUB 3 Features Ranked as High Priorities

1.Navigation

  • TOC: A linked table of contents is a high priority. The EPUB <nav> uses HTML5 markup that is accessible and easy to create,
    replacing a cumbersome navigation format in EPUB 2 (NCX). Elimination of dependence on the NCX by reading systems and its use by publishers is a high
    priority.
  • Page-list: An optional mapping to print pages as part of navigation. Offering page-mapping enables users of print and ebook to be “on
    the same page” whether in a book club or the classroom, and enables textual references to page numbers (e.g., indexes, cross references, and citations) to
    work. It is considered critical for accessibility.
  • Landmarks: An optional short table of contents, the landmarks nav can be used to access key elements of book. It is easy to implement.

2. Audio:The EPUB spec requires support for one of two audio formats (this is a prerequisite for media overlays):

  • MP3, currently the more popular and common audio format
  • AAC, the audio format within the MP4 multimedia format

3. SVG:Scalable Vector Graphics are XML-based vector images that can be zoomed infinitely without loss of clarity. This is important to publishers, which can use
SVG images without grappling with responsive design. Further, SVG is accessible in that the content is machine readable and can work with Braille readers
and even 3D printers.

4. Fonts:It is important to see support for fonts and information about fonts in EPUBs and EPUB 3 reading systems. Fonts are not just for design purposes; they are
often needed in order to render characters that are not part of default character sets. This is common in non-English words and for special characters,
such as those used in phonetics, physics, or math. Important font issues are:

  • Font descriptors: The characterization of font data. Support for basic CSS font descriptors without relying on work-arounds is a high
    priority:

    • font-family (at least serif and sans-serif, without font embedding)
    • font-weight
    • font-style
    • font-size
    • font-face
  • Embedding: Inclusion of font files inside the EPUB package.
  • Font obfuscation: A standard method for inclusion of font files inside the EPUB package such that they cannot easily be exported for
    usage outside the publication. (Note that this is not the same as encryption, which is required by some font licenses.)

5. Media Overlays: Representation of audio synchronized with text content. This can be a visual display, such as a bouncing ball highlighting words in an early reading book,
or it can be an audio book/ebook that keeps one’s place between reading and listening. Use of Media Overlays is particularly important for publishers in
segments such as children’s books as well as for the accessibility community,

6. Semantic inflection (e.g., page-break, part, chapter, index, glossary, sidebar, footnote): an attribute that allows for precise statements to be made about markup within HTML
(e.g., “noteref” and “footnote”). This allows for precise and uniform markup and rendering across publications and reading systems, allowing for contextual
search and improved navigation.

7. MathML: An XML vocabulary for describing mathematical notations and capturing both its structure and content. MathML allows for reflowable, resizable, searchable
math equations. It is considered crucial for STEM and Education publishers, otherwise math must be displayed as static images. It is also critical for the
accessibility community, as images are meaningless and descriptions of images do not convey the same meaning as the MathML.

8. Video:The EPUB specification offers two options for video support. Neither is a requirement. However, if video is not supported, the reading system should
support a fallback to an image. Being able to “not support” video properly is as important as supporting video, so that each publisher can create one file
for all retailers. The two video formats supported by EPUB 3 are:

  • H.264, currently the more popular video format
  • VP8, a royalty-free format increasingly used on the web

9. Float: The CSS property that enables elements to be positioned independently of the linear narrative flow. This is often a property of the underlying system or
browser upon which the reading system is built.

10. Fixed Layout (FXL): A method for creating static, fixed e-book “pages“. Some content is better suited for a “fixed“ instead of reflowable display. This is important to some
segments of the publishing industry.

from “II. Priorities for EPUB 3 Reading System Features” AAP EPUB 3 Implementation Project 報告書より

 

 同報告書では、コンテンツ作成者向けのアクセシブルEPUB 作成TIPSも掲載されていますが、そののTIPSと以下のリーディングシステムデベロッパー向けの10の優先順位は必ずしも対になるものではないようです(以下の10の機能を実装するだけでは、TIPSに従って作成したアクセシブルなEPUBの機能を全て生かせるわけではない)。

関連エントリ

1月 18

EPUB を アクセシブルにする13のTIPS(AAP EPUB 3 Implementation Project 報告書より)

先のエントリで紹介した米国の出版団体 Association of American Publishers (AAP) のEPUB 3 Implementation Project 報告書には、 EPUB を アクセシブルにする13のTIPSが掲載されています。

 DIAGRAM Centerの”Top Tips for Creating Accessible EPUB 3 Files “をベースにまとめられたものです。今回は、どのようなものがTIPSとしてまとめられれているか、その概要を紹介します。
  
 なお、以下でそれぞれのTIPSの参考に挙げているものは、基本的に報告書で参考資料として紹介されたものですが、私が参考資料として挙げたものを含まれています(私が挙げたものは【追加】と記載してあります)。

1. コンテンツと表現を分ける
  Separate content and presentation

 スタイルや書式が適用されている状態とされていない状態でコンテンツの意味が異なってはいけない。色づけされたテキスト、フォントサイズによって重要性を伝えるなどのような、視覚表現にのみに頼る方法はグッドプラクティスとは言えない。

 また、全てのテキストは、論理的順序(人間が読んで自然な順序)で利用できることが重要である。

参考

 
 

2. 完全なナビゲーションを提供する
  Provide complete navigation

 本文の前に完全な目次をつける。そして、各セクションのはじめも小さな目次をつけることも検討する。
 論理的順序(人間が読んで自然な順序)を定義するために<section>、<figure>、<aside>タグをコンテンツの中で使用するのもベストプラクティスである。特に学術、教育、そして、児童書のような複雑で視覚的なレイアウトを用いたコンテンツには重要である。

 
 

3. 可能なかぎり意味のある構造にする
  Create meaningful structure wherever possible

 論理的な構造に番号が付された見出しをもちいた構造にする。また、その他のタグもepub:type属性を用いてコンテンツを指定する。
 例:前書きところに<section epub:type=”preface”>

  なお、HTML5の仕様に特定のコンテンツに使用されることが規定されているタグ(引用のために用いる <cite>タグなど)はHTML5の仕様に準じて使用する。

参考

 
 

4. コンテンツ内のタグにセマンティックな情報を追加する
  Define the content of each tag

  EPUB 3 Structural Semantics Vocabularyなどの語彙を活用してコンテンツ内のタグにセマンティックな情報を追加することを検討する。
 
例:
目次に使用されるsectionタグ:<section epub:type=”toc”>
用語集に使用されるdlタグ:<dl epub:type=”glossary”>

 
 

5. 表やテキストを表示するためではなく、絵や写真のためだけに画像を使用する
  Use images only for pictures, not for tables or text

 画像に埋め込まれた情報を視覚障害者は利用できない。表や画像にテキストコンテンツが含まれているならば、テキストと表形式のための適切で完全なマークアップをすることが重要である(header要素やscope属性を用いるなど)。
もし表の表示に画像を用いることが避けられないならば、表形式の適切にマークアップされた別のページを用意して、そのページへのリンクを掲載する。 
 もしテキストの表示に画像を用いることが避けられないならば、テキストの内容を説明したものか、テキストを書き起こしたものを提供することが重要である。また、アクセシブルなSVG形式の画像を使用することが重要である。

 

6. 画像に説明と代替テキストをつける
  Use image descriptions and alt text

 装飾目的の画像でないかぎり、全ての画像に、説明やキャプションや代替テキストが付されているべきである。

参考

 

7. ページ数をいれる
  Include page numbers

 コンテンツが紙版の書籍と同じである場合は、紙版の書籍でページが改める位置にepub:type=”pagebreak”属性で例えば以下のようにページ数を記述する。

例: <span xml:id=”page361″ epub:type=”pagebreak”>361</span>
 
 さらにPackageドキュメントで提供するEPUB書籍のメタデータに紙版の書籍のISBNを記述しておくとベストである。.

参考

 
 

8. 言語を指定する
  Define the language(s)

 支援技術が正しく理解できるようにコンテンツに使用されている言語情報を提供する。

 ルートとなるhtml要素にはコンテンツのデフォルトの言語を指定した上で、デフォルトの言語と異なる部分については、@xml:lang属性を用いて単語、フレーズ、パラグラフ単位で以下のように指定する。

例: <span xml:lang=”fr” lang=”fr”>rueSaint-Andre-des-Arts</span>

参考

 
 

9. MathMLを使用する
  Use MathML

  数式を記述するためのマークアップ言語MathML(Mathematical Markup Language) で数式を記述する。

参考

 
 

10. メディアコンテンツの代替物を提供する
  Provide alternative access to media content

 映像コンテンツや音声コンテンツに対するHTML5のネイティブコントロールを初期設定の段階で有効にする。
 映像コンテンツや音声コンテンツには、キャプション、映像に対する説明、音声を書き起こしたものなどような代替コンテンツを提供することが重要である。
 聴覚障害者にとってや、手話を提供されることも重要である。

参考

 

11. インタラクティブなコンテンツをアクセシブルに
  Make interactive content accessible

 JavaSciptやSVGを用いたインタラクティブなコンテンツをアクセシブルにするために、すべてのカスタムコントロールに、ARIAのロール(role)、ステート(state)及び属性を必要に応じてすべて実装するべきである。

参考

 
 

12.アクセシビリティの情報をメタデータとして提供する
  Use accessibility metadata

 コンテンツのファイルの中でアクセシビリティに関する情報をメタデータとして提供して、ユーザーがそのコンテンツがアクセシブリティについてどのような機能をもっているのかわかるようにしたり、検索エンジンがアクセシブルなコンテンツを発見できるようにする。

参考

 
 

13. 以上のベストプラクティスを組織がサポートする体制にする
  Make sure your processes support the above best practices

 以上の1から12のベストプラクティスを組織がサポートできる体制をするためのTIPSが(以下)が13番目のTIPSとして紹介されています。

  • アクセシビリティについて、内部の人間と外部の人間の間を結ぶコミュニケーションのルートとして動ける人間を組織内に置く。
  • アクセシビリティを、自社製品やマーケティングなどの核となる価値をするために企業レベルの継続的な努力を開始する。
  • アクセシビリティガイドラインを作成した上でそれを実施し、著者向けに研修を行う。
  • アクセシビリティガイドラインを作成した上でそれを実施し、編集スタッフと製作スタッフむけに研修を行う。
  • ベンダーとアクセシビリティの問題とスタンダードについて議論する。
  • 品質保証管理のプロセスにアクセシビリティの観点からのレビューを含める。
  • ウェブサイトやマーケティング資料にアクセシビリティ情報を追加する。
  • アクセシビリィに対する意識をもたせるためのカスタマーサービスセンタースタッフ向けの研修を行う。
参考

 

関連エントリ

1月 08

EPUBを読み上げ音声付きEPUBに変換できる日立の音声合成システム 「ボイスソムリエ ネオ」

 日立ソリューションズ・ビジネスの音声合成システム 「ボイスソムリエ ネオ」が、2013年9月に販売を開始したver 1.6でEPUBを音声合成による読み上げ音声付きEPUB(メディアオーバーレイ対応)に変換できる機能を実装しました。この機能でテキストDAISY的なEPUBをマルチメディアDAISY的なEPUBに変換することができます。

 少し技術的な話ですが、EPUBファイルを読み込むと、EPUB内のテキスト情報が抽出され、音声合成による音声データ、そして、テキストデータと音声を同期させるためのSMILファイルが生成され、メディアオーバーレイ対応のEPUBが出力されるようです。


from 日立ソリューションズ・ビジネス ニュースリリース

参考 読み上げ音声付きEPUB(メディアオーバーレイ対応)について

 読み上げ音声付きEPUB(メディアオーバーレイ対応)は、以下のように音声とテキストを同期させて読み上げ箇所のテキストをハイライト表示させることができます。

※上の動画は、あくまで読み上げ音声付きEPUB(メディアオーバーレイ対応)を紹介するためのもので、「ボイスソムリエ ネオ」で作成したEPUBを読み上げたものではありません。上の動画で読み上げているEPUBファイルは以下で公開されています。

関連エントリ

EPUB 作成ソフト
EPUB 3とDAISY 4の関係
DAISYからEPUB 3に変換する
DAISY再生ソフト・機器のEPUB対応
11月 27

ロン・マッカラム氏 の「私の読書を可能にした技術革新」 on TED

 国連障害者の権利委員会委員長のロン・マッカラム(Ron McCallum)氏のTEDにおけるスピーチが公開されています。全盲者であるロン・マッカラム氏が家族やボランティアの支援を受けて、また、技術革新の恩恵を受けてどん欲に本を読んできたことが語られています。WIPOのマラケシュ条約(盲人、視 覚障害者及び読字障害者の出版物へのアクセス促進のためのマラケシュ条約)が採択される会議の直前だったので、この条約についても語っています。


ロン・マッカラム: 私の読書を可能にした技術革新 | Video on TED.com