出版社が作っているEPUBはアクセシブル?

 このエントリは、Webアクセシビリティ Advent Calendar 2018 20日目のエントリです。

 アクセシブルな電子書籍の刊行を出版社に求める声をよく耳にします。そこで、気になるのが、

出版社が作っている電子書籍がどこまでアクセシブルなのか

ということです(ここで言う「出版社が作る電子書籍」は、エンドユーザーがアマゾンなどの書店から購入できる電子書籍ではなく、その前の段階で、出版社がアマゾンなどの書店に提供する電子書籍のことを指しています)。固定レイアウトの電子書籍はともかく、リフローな電子書籍はどうなのかと。  

 このエントリーでは、出版社が制作するリフローな電子書籍、具体的に出版社が制作する段階ではほぼEPUBで制作されているので、出版社が制作するリフローなEPUBのアクセシビリティについて思うところ書いてみたい。
 

アクセシブルなEPUBの要件

 アクセシブルなEPUBの要件は、EPUB Accessibility 1.0 として仕様化されています。コンテンツ部分のアクセシビリティ要件はWCAGをほぼそのまま参照して、WCAGレベルAを必須要件(must)、WCAGレベルAAを推奨要件(recommended)としています。WCAGの要件を現在のEPUBの閲覧環境(以下、「RS」)の実装等を勘案しながら、電子書籍の要件に整理すると、概ね以下の5つになると思います。

  1. 文字情報は論理的順序(人間が読んで自然な順序)で配列したテキストデータとして提供する。
  2. 目次などの適切なナビゲーションが提供されている。
  3. アウトラインに従って、見出しやパラグラフ、テーブル、リストなどを適切に構造化する。
  4. コンテンツへの支援技術のアクセスを妨げず、表現については、支援技術やリーディングシステムの機能を用いて利用者自身が行う閲覧環境の設定に干渉しない。
  5. 画像等の非テキストコンテンツに対してそれを説明するテキストなどの代替コンテンツを提供する。

 個人的な想いとしては、上の5つの要件にEPUB Accessibility 1.0も必須要件とする「6.アクセシビリティに関する情報を含めて、適切なメタデータを提供する」を追加したいところ。しかし、これに対応するRS側の実装がないので、ここでは省略します。

 出版社が制作するリフローなEPUBが上の1から5の要件をどれだけ満たせているかです。

出版社が作るEPUB

 出版社がリフローなEPUBを制作する多くの場合、日本電子書籍出版社協会の電書協EPUB 3制作ガイド (以下「電書協ガイド」)に沿って作られています。上の要件1から要件5を考えるにあたり、電書協ガイドを参照しつつ、電子書籍販売大手であり、出版社向けの制作ガイドラインを公開しているアマゾンのKindle パブリッシング・ガイドライン[PDF](以下、「Kindleガイドライン」)も必要に応じて参照します。

要件1 文字情報は論理的順序(人間が読んで自然な順序)で配列したテキストデータとして提供する。

 電書協ガイドを参照するまでもなく、リフローなEPUBで作る、というだけで、この要件は満たされているはずです。

要件2 目次などの適切なナビゲーションが提供されている。

 目次ナビゲーションに関しては電書協ガイドが最低ラインを

版元から特に指示がないかぎり、カバーページ、目次ページ、奥付ページへのリンクのみとする

としています。これだけだとナビゲーションとしての目次機能は不十分ですが(ここは、目次レベルの設定はEPUB制作業者側で判断することが難しいということで、電書協ガイドが出版社の指示があることを前提としている事情もあるようです)、アマゾンのKindleガイドラインでは、本の構造が階層的にわかるような論理目次の作成を強く推奨していることもあってか、少なくとも出版社からアマゾンに納入されるリフローなEPUBは詳細な目次ナビゲーションがかなりの割合で提供されているようです。
 
 ナビゲーションについては、3の要件にも関係しますが、コンテンツが見出しを含めて適切に構造化されていることも重要です。

要件3 アウトラインに従って、見出しやパラグラフ、テーブル、リストなどを適切に構造化する。

 電書協ガイドでは、テーブルに係る要素(table, td,thなど)、リストに係る要素(ulなど)、キャプションに係る要素(figure, figcation)などのかなりのHTML要素が「RSによる対応を想定しない要素」とされています。テーブルやリストなどの構造化までは期待できませんが、見出しやパラグラフの構造化は電書協ガイドを見る限り、きちんとされているようです。構造化の最も基本要件とも言える見出しやパラグラフが構造化されているので、3の要件はある程度は満たされている、とまずは考えてもよいと想います。

要件4 コンテンツへの支援技術のアクセスを妨げず、表現については、支援技術やリーディングシステムの機能を用いて利用者自身が行う閲覧環境の設定に干渉しない。

出版社がアマゾンなどの書店に提供する段階でEPUBにDRMをかけるはずがないので、出版社が制作する段階では「コンテンツへの支援技術のアクセスを妨げず」は満たせているはず。また、電書協ガイドやKindleガイドラインを見る限り、RSの表示機能を阻害するような、作られ方はされてないようです。

要件5 画像等の非テキストコンテンツに対してそれを説明するテキストなどの代替コンテンツを提供する。

 電書協ガイドでは、

HTML5 の alt ルールに基づいた版元の指定などがないかぎり、「alt=””」は必ず入れておくようにします。

 
とあり、alt属性を空値ながら記述するように求めていますが、代替テキストの記述までは求めていません。正直、版元から「代替テキストをこう入力するように」と指定するケースはあまりないように感じます。最近、Kinldeガイドラインで代替テキストの提供が求められるようになったものの、現状では、一部の例外を除き、販売されている電子書籍で代替テキストが提供されている事例は、ほとんどないと思います。
 

つまり・・・

出版社が制作する段階では、リフローなEPUBは要件5を除く以下の要件1から要件4は概ね満たせているはず。

  1. 目次などの適切なナビゲーションが提供されている。
  2. 文字情報は論理的順序(人間が読んで自然な順序)で配列したテキストデータとして提供する。
  3. アウトラインに従って、見出しやパラグラフ、テーブル、リストなどを適切に構造化する。
  4. コンテンツへの支援技術のアクセスを妨げず、表現については、支援技術やリーディングシステムの機能を用いて利用者自身が行う閲覧環境の設定に干渉しない。

まとめにならないまとめ

 電子書籍に関するアクセシビリティ上の問題について、よく耳にするのが、

  • 読み上げに対応していない
  • RSが使いづらい/使えない

というもののです。ユーザーの不満はRSや読み上げソフト対応に由来するものが多い印象があります。
 
 これはプラットフォーマが提供するRS上の問題に起因するところでもありますが(コンテンツ側<出版社側>の問題ではなく、RS側<書店側>の問題)、ユーザーの使い慣れたソフト、スクリーンリーダーで利用できないという点が大きな問題なのではないかと思います。つまり、支援技術のアクセスを妨げるDRMに起因する問題が大きく、これは書店側のレイヤーの問題のように想います。アクセシビリティについて、出版社側でさらにできることは画像への代替テキストの提供ぐらいでしょうか。

 代替テキストを提供していないという点を除けば、かなりアクセシブルなEPUBをすでに自身が制作していることを自覚している出版社は多くないと思います。まずは、自身で制作しているEPUBはアクセシブルであり、それがユーザー側で届く段階でなぜアクセシブルでない状態になっているということを伝えるだけでも意味はあるかもしれません。それを抜きにして、出版社に対して「アクセシブルな電子書籍を刊行してほしい」と要望するのは、アクセシビリティについてさらに特殊なことをしなければならないと出版社側に感じさせてしまうだけで、問題の解決にならないような気がしてきています。アクセシビリティの改善について改善を求めると、

障害者のために特殊なことをゼロからしなければならない、

と受け止められることもありますが、そうでないんだ、今やっていることにやり方を変える、プラスアルファでいいんだと伝えることも必要と感じています。

 話は変わりますが、DRMは、上述のように書店側のレイヤーの課題ですが、DRMに起因するアクセシビリティ上の課題は非常に大きいです。「デザイニング Web アクセシビリティ(電子書籍版)」「図書館利用に障害のある人々へのサービス アクセシブルなEPUB版」のようにDRMフリーで出せるのが、EPUBにも対応したDAISY閲覧環境が増えてきている現在、もっとも理想的ではありますが、現時点においては、DRMフリーでビジネスモデルが成立しないのでしょうか。音楽のようにDRMフリーで販売されるビジネスモデルがでてくるとよいのだけど。

 複数のRSが実装可能にすることを想定したオープンなDRM EPUB LCPが普及するか、支援技術からのアクセスは阻害しないDRMというものが出てくればよいのでしょうか。長期的には、先のエントリでも書いたWebとEPUBの中間的位置に立ちそうなWeb PublicationsがDRMフリーでWebのほうからやってきて、EPUBの周りを覆うようになれば、自然とDRMフリーのビジネスモデルに流れるかもしれないという期待はあります(革新は周辺から来たるというか)。

だらだら書いてしまいましたが、本エントリはこれにて。

次は pagu0602 さんのエントリです。

出版社が作っているEPUBはアクセシブル?」への3件のフィードバック

  1. 以前、APL(の前身)の会議でも、いま作られているEPUB出版物はほとんどアクセシブルだという話が出たことがあります。一方、国内の電子書籍リーダーが読み上げに対応を促すためにAPLとしても私としても何も出来ていないことには歯がゆいばかりです。

    Web publicationには私はまったく期待していません。

  2. コメントありがとうございます。やはりDRMの課題は大きいですね。先日、fbのグループで流したJLA図書館実践シリーズ 37・38 図書館利用に障害のある人々へのサービス アクセシブルなEPUB 版も画像に代替テキストが提供されていることを除けば、DRMフリーであることがEPUBをアクセシブルにしていると言っても過言ではないところがあります。それだけで、EPUBに対応しているDAISY環境で視覚障害者の使い慣れた方法で利用できるのですから、効果は大きいということは最近も実感しました。

  3. 私にできるのはLCPの国際規格化に賛成することだけです。来年は本格的に作業が始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください