米国のAccessText Network – 大学と出版社の障害学生支援のためのテキストデータ提供連携

米国のAccessText Networkを紹介します。

AccessText Network とは

AccessText Networkは、障害のある学生が等しく教育をうけられることを目的とした出版社と大学等の高等教育機関の間でのテキストデータのやりとりを仲立ちするネットワークです。米国とカナダの大学の障害学生支援担当者がこのネットワークのシステムを通じて直接、出版社にテキストデータの提供を依頼し、出版社からデータを受け取ることができるようになっています。

以下は、AccessText Networkの概要を紹介する動画。

高等教育向けの情報保障としてテキストデータ化や点訳などを行っている Center for Inclusive Design & Innovation(旧 AMAC Accessibility SolutionsAssociation of American Publishersとの連携によって2009年に立ち上げられたものだそうです。2009年の開始当時は、出版社8社と478の大学によって始まったものが、2018年には41の出版社、2,891の大学が参加する大きなネットワークになっています。

データのリクエストから出版社からの提供まで

大学の障害学生支援担当者がAccessText Network上で検索してタイトルを特定した上で、以下のフォームからデータの提供をリクエストすると、出版社がAccessText Networkにファイルをアップロードという流れになっているようです。リクエストするファイル形式やデータを必要とする学生の名前、障害、そのデータを必要とする科目などを記入するようになっています。

大学からのリクエストフォームの画像。フォームの項目は上で説明したとおり。
大学からのリクエストフォーム
How to Use AccessText for Authorized Usersより

リクエスされたタイトルの92%がこのプラットフォームを通じて出版社から3日以内に提供されているようです。なお、提供されるフォーマットはDRMフリーのPDFがほとんどのとのこと。

テキストデータのやりとり以外に、大学が本をスキャニングするために必要な許諾を出版社から得ることもこのネットワーク上でできるようになっているようです。

出版社から提供を受けたデータの利用

出版社から提供を受けたデータの利用については、いろいろな約束ごとがあり、それが以下の大学向けの会員規約に規定されています。

主立ったもの以下になります。

  1. 対象となる障害学生がデータの原本となる書籍を購入していること
  2. 入手したテキストデータはその特定の学生のみに提供すること(他の学生に提供してはならない。必要な場合は一人一人についてその都度の申請が必要)
  3. 大学は利用後は適切にデータを廃棄等処理すること

出版社のデータ提供の再利用は基本的に不可で、あくまで合理的配慮の範囲内の利用を認めるということでしょうか。大学同士で共有をすることは基本的にできない。このあたりはアクセシブルな教育資源共有プロジェクト“REPOSITORY SERVICES FOR ACCESSIBLE COURSE CONTENT”の2017n年の報告書でも課題に挙げられている。

利用にかかる部分を抜粋翻訳したものを以下に転載します。

  • 私(名称)は、(学校名)を通じてサービスを受けるすべての認定学生が、標準的な印刷教育資料にアクセスする能力に根本的な制限があることを証明する文書を所持することを保証します。
  • 該当するテキストが必要または推奨されるコースに現在登録されている認定受講者に対してのみ、パブリッシャからのパブリッシャ・ファイルまたは別の認定ユーザーからの代替テキストを要求します。
  • 私は、学生が商業的に入手可能な印刷版の代替テキストのコピーを購入したこと、またはそのコピーを購入したことを証明した後にのみ、適格学生に代替テキストを提供する。
  • 代替テキストは、テキストを必要とするIおよび認証ユーザーの両方が発行者から許可を受けた場合にのみ、別の認証ユーザーに提供します。
  • すでに他の適格学生に提供した代替テキストについて適格学生から要請を受けた場合、私は新たな許可申請を提出しなければならず、もし出版社から要請があれば、明示的な許可を受けるまでファイルを再配布してはならないことを承知している。
  • 私は、各パブリッシャ・ファイルを必要としている受講者がコースを修了した場合、またはその教育機関に登録されていない場合のいずれかが発生した時点で、各パブリッシャ・ファイルを安全にアーカイブまたは廃棄することに同意します。さらに、正規ユーザーがもはや大学の管轄下で運営する権限を持たない場合は、代替テキストを迅速かつ安全に処分することに同意します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください