Open Annotation Data Model(2013年2月8日付コミュニティドラフト)の日本語訳を公開します。

W3C の Open Annotation Community Groupによる”Open Annotation Data Model (W3C Community Draft, 08 February 2013)“を日本語に翻訳しましたので公開します。

 この日本語訳は、あくまで私がOpen Annotation Data Modelを理解するために個人的に日本語に翻訳したものであり、W3Cの公式な日本語訳ではありません。また、翻訳の正確性、その内容について一切保証をするものではありません。ご注意ください。

 アノテーション(Annotation)は、英和辞典の多くで「注釈、注記、注解」と訳されていますが、Open Annotationにおけるアノテーションでは付加的な情報を付与することであり、コメントの付与、ハイライト、タグ付け、ブックマーキングなど広い意味で用いられています。Open Annotation Data Modelはそのアノテーション(Annotation)をRDFで表現するデータモデルの仕様です。詳しくは以下のエントリをご覧ください。

 仕様の翻訳は、”Open Publication Distribution System (OPDS) “のver.1.0ver1.1以来でしたが、今回は文量もさることながら、RDFに対する理解が足りないために、結構時間がかかりました・・・。文意をあまり理解できずに力技で訳した箇所もありますので、ご注意を・・・・。

Open Annotationに関するエントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です